子供の健康管理プログラム-ユーティリティ ダウンロード

このサイトについて

本会から発行した「児童生徒等の健康診断マニュアル 平成27年度改訂」に付録として配付し、本会が普及推進している『子供の健康管理プログラム』の利便性等を高めるため、著作者で成長曲線普及推進委員会の村田光範委員長が作成したユーティリティを学校関係者に提供することを目的としています。

※このサイトは学校関係者のみご利用頂けます。

※一部メールアドレスで受信できないという報告を頂いております。迷惑メールフォルダをご確認いただくか、別のメールアドレスで再度登録いただくようお願い致します。

※メールアドレスの誤登録が非常に多いのでご注意ください。

ダウンロードできるユーティリティ

Excel原票自動差込64ビット版

64ビットのパソコンでは、『児童生徒等の健康診断マニュアル平成27年度改訂』同梱の『子供の健康管理』プログラム(32ビット版)では対応できないことがあります。その場合は、こちらの「Excel原票自動差込」をダウンロードください。
※併せて、『子供の健康管理Ⅴ3』もダウンロードください。

子供の健康管理V3

「子供の健康管理V2」及び「子供の健康管理V3」は、先に配布した「子供の健康管理」に全学年成長曲線検索機能を加えたものである。いいかえると「子供の健康管理V3」を開いた初期画面(下図参照)をみて分かるように、「子供の健康管理の使い方」はそのままでこれに「全学年成長曲線検索ユーティリティ」を独立したかたちで使いるだけのことである。したがってこの「子供の健康管理V3」の使い方は従来の「子供の健康管理」の使い方の後に「全学年成長曲線検索ユーティリティ」の使い方を加えたものになっている。「子供の健康管理V3」の使用法は、「子供の健康管理V2」と同様である。「子供の健康管理V2」マニュアルを参照ください。

■更新情報
2017/11/24 - V201を公開
2018/05/24 - V3を公開 - 測定年月日の月日と生年月日の月日とが一致した場合に限り、時に○○歳0ヶ月と表示されず、前後1月にまたがる年齢計算の誤りが生じるバグを修正

Excel 原票肥満度計算ユーティリティ

Excel 原票肥満度計算ユーティリティは、すでに作成されているExcel 原票を用いて現学年と過去の学年に遡って性別、学年別に「高度肥満」、「中等度曲線」、「軽度肥満」、「適正範囲」、「やせ」、「高度やせ」に分類し、その出現率を%で表示するプログラムである。

検索結果一覧表修正ユーティリティ

「児童生徒等の健康診断マニュアル 平成27年度改訂」に同梱されている「子供の健康管理」について、唯一のバグと思われるのが、成長曲線の検索分類(①~⑨、⑩)を行った際に表示される検索結果一覧表において、検索総数が実数より1つ多く表示される、たとえば実数が200であれば201として表示されることである。これを正しく修正して表示するのが「検索結果一覧表修正ユーティリティ」である。

子供の健康管理データチェックユーティリティ

「子供の健康管理」プログラムを用いて児童生徒の成長曲線を作成するに当ってもっとも重要なことは、「Excel 原票」が正しく作成されていることと、「Excel 原票」から「子供の健康管理データファイル」が正しい形式で作成されていることである。この条件が整っていないと、「Excel 原票」が「子供の健康管理データファイル」に変換されない、あるいは①〜⑨と⑩の成長曲線検索が最初からできないことや途中で検索が中止してしまうといった事態が生じることになる。この原因のほとんどがデータ入力に際して「禁止文字が入力されている」、「日付入力がExcel 関数に準じていない」、「外字(自分で作った文字など)が使われている」といった入力の誤りである。入力作業を行った側では、なかなかこれらの誤りに気付くことがむつかしいので、「Excel 原票」と一旦は作成された不良な「健康管理データファイル」について基本的な誤りをチェックするユーティリティを開発した。

全学年成長曲線検索ユーティリティ

このユーティリティは現在の「子供の健康管理」プログラム(以下、単に「子供の健康管理」)は現在の学年についてのみ身長・体重成長曲線と肥満度曲線の検索(①〜⑨と⑩)を行ってその結果を⼀覧表(以下、旧⼀覧表)にしているが、これを過去の学年についてもこれらの検索を行ってその結果を一覧表(以下、新一覧表)にするものである。旧一覧表は①〜⑨の分類が別個に表示されているために①〜⑨の重複例を検討するには不便があった。この不便を解消するために、新⼀覧表ではこの重複例が一目で見て分かるようにしている。もう1つの特徴は、現学年の検索結果⼀覧表の中で該当する検索結果を示しているセルを選択することによって、その身長・体重成長曲線と肥満度曲線グラフを表示することができるようになった。なお、⑩に分類されたものは該当者のID、名前、性別、生年月日などのいずれかのセルを選択することによって、その身長・体重成長曲線と肥満度曲線グラフを表⽰することができるようになった。

このユーティリティを使うことの利点は①〜⑨の重複例を容易に認識することができること、検索結果一覧表を眺めながら、目的とする対象者の身長・体重成⻑曲線と肥満度曲線グラフを表示することができることである。

座高、上節下節比、座高身長比のパーセンタイル・Zスコア計算